ホーム

インターネットで得た知識を自分の仕事で活かす

読了までの目安時間:約 4分

インターネットで検索すると役に立つ情報を
沢山見つけることが出来ます。

 

googleで検索していたら、

 

【個人事業主必見!】王道のホームページデザイン 全16業種

 

という、業種毎にホームページのひな形について
解説しているページを見つけました。

 

美容院、エステサロン、ネイルサロン、アパレルショップ、
飲食店、ホテル・旅館、不動産屋、建築会社、塾・予備校、
保育園・幼稚園、薬局、士業、病院、歯医者、整体院、クリーニング屋

 

16業種のホームページについてそれぞれの業種毎に
王道実例サンプルポイントが書かれています。

 

 

「薬局のホームページデザイン」を見てみましょう。

 

薬局のホームページ
【王道】店舗案内(店舗検索)が、一目見て見える位置に持ってくる
【実例】

yakkyoku1-300x286
yakkyoku2-300x205
yakkyoku3-300x260

薬局のホームページデザイン ポイント

layoutyakkyoku-300x213

「店舗案内(店舗検索)を一目見て見える位置に」

薬局のホームページの王道デザインは、店舗への案内が一目で目に入る位置にあるものです。
ホームページを見ているユーザーは、薬を買いたいお客様、医者から処方された薬をもらいたいお客様です。
彼らが一番見たい情報は、会社の理念でもなく、歴史でもなく、お店がどこにあるかです。どこにいけば薬が買えるか、もらえるのかという情報です。
 
そのことを意識すると、例にあるように、店舗検索がすぐ目に入る位置にくるというのが王道のデザインになります。
【個人事業主必見!】王道のホームページデザイン 全16業種より

 
飲食店のホームページデザインと比べてみます。
 

飲食店のホームページ
【王道】店の看板商品、または目玉商品を大きく載せる
【実例】

food1-300x147
food2-300x149
food3-300x149

飲食店のホームページデザイン ポイント

food001-300x213

店の看板商品、または目玉商品を大きく載せる
 
飲食店ホームページの王道デザインは、お店のロゴが左上、メニューがその横にあり、その下には店の看板商品や目玉商品の大きな写真があるというものです。
飲食店のホームページを見ているユーザーは、その店の料理がおいしいかということを気にしています。そのため、おいしいそうな料理の写真を大きく出してあげると、注意を引くことができます。
【個人事業主必見!】王道のホームページデザイン 全16業種より

 

あなたは自分の業種の「王道のホームページデザイン」を参考にして、
すぐにホームページを作成していませんか?

 

現在、ホームページやブログ、SNS(ソーシャルネットワーク)などで
情報があふれています。

 

参考にしたホームページのキャチコピーを流用してホームページを作ると
二番煎じになってしまいあなたのお店の個性が薄れてしまいます。
 

 

インターネットで得た知識をすぐに実行する行動力も大切ですが、
何のために?」という視点を忘れないようにしましょう。

 

仕入れた情報を、どうやって自分の商売に結びつけるか?

 

という視点を持つだけで、情報の発信の仕方が変わってくるはずです。

 

 

無料メルマガ登録
私のページ
最近の投稿
メール配信システム