ホーム

無料メルマガ登録

jQueryを使ってページをゆっくり表示する実験 on WordPress

読了までの目安時間:約 11分

とりさん です。

 

このページはWordPressブログの記事を開く時に
ページ内のIDまでゆっくりジャンプして
表示するテストページです。

 

 

あなたはコピーライティングのスキルを
学んでいますか?

 

アフィリエイトにコピーライティングの
スキルを活かすと
売上や読者が数倍増えるどころか、
その桁がひとつ増える事があります。

 

コピーライティングに力を入れるだけで
売上がここまで変わってしまう...。
と、驚かれるでしょう。

 

すぐにでも、あなたの媒体は売りたい商品を
自在に売り込める
考えられない程の成約率を
叩き出せるようになります。

 

コピーライティングのスキルを学んで
それを活かす仕組みづくりをしてくださいね。

 

もしあなたが今まで真面目に
アフィリエイトに取り組んでいても
成功できなかったとしたら、
その理由はひとつしかありません。

 

 

「努力の方向性を間違えていた。」

 

 

という事です。

 

コピーライティングを学ぶ以外の事を
先にしていたなら、
それは順序が逆だったという事です。

 

コピーライティングをおろそかにしているうちは
稼ぐ事は出来ません。

 

 

1、コピーライティングを学ぶとはどういう事なのか。

 

その言葉1つ1つの印象や捉え方を理解する上で、
それが一体どこからくるものなのかを理解出来ていれば
言葉1つ1つの使い回し方も大きく変わってきます。

 

でも、既に多くの心理学者やマーケッターなどが
そういった概念を突き詰めた上で有効なテクニックやスキルなどを
多数の著書などに残してくれています。

 

あなたはそれを学んでいくだけで、心理プロセスや
マーケティングノウハウを自由に使いまわす事が
出来るようになります。

 

2、お金を生み出せるコピーの書き方

 

「人の心を動かす事が出来るコピー」

 

が結果としてお金を生み出せるコピーと言えます。

 

興味や関心を引き付け、信用を与え、行動を起こさせる。

 

そんなコピーがお金を生み出して行けるコピーです。

 

 

心を動かしていく心理の流れ

 

「心を動かしていく心理の流れ」は下記の3つになります。

 

1、興味、関心を引き出す
2、共感、信用を得る
3、行動させる

 

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で言われる
「リストを教育する。」という行程は
「信用と信頼を築き上げていく段階」を指しています。

 

1 興味、感心を引き出す
2 共感、信用を得る
3 行動させる

 

のステップを踏んで顧客の心理を導いて行く手法が
DRMです。

 

この3つの心理誘導を意図して、
それぞれの役割を担ったコピーを書いていけば
読み手に十分な反応を起こさせる事ができるようになります。

 

 

読み手を引き込む文章の書き方

 

読者に読んでもらうには、ヘッドコピーやメールのタイトルなど
最初に目につく部分で「読み手を引き込む」ことが大切です。

 

読み手に興味と感心を持ってもらうために
「何故」を最初に書きます。

 

「何故」の感情が強いほど興味や感心が大きくなります。

 

そうするには
「結論」を先に提示して、「その結論に至った経緯」に
興味・感心が集まるようにします。

 

 

何故、この教材を3週間だけ実践しただけで132万円も稼げたのか?

 

 

その教材で方法を学べばあなたも活用して
成功できるかもしれないと思いませんか?

 

読み手の心理作用を考えながら文章を書く。
結論を提示してその過程や経緯に興味や関心を引く。

 

あなたも文章を書く時に、意識して書いて下さい。
それだけでも、あなたの文章にチカラがつきます。

 

 

「何故」の他に「イメージを引き出す」という事を学びましょう。

 

イメージとは読み手自身の記憶を呼び起こすもので、
五感に訴える文章を書くようにします。

 

五感を刺激した強烈で鮮明なイメージを与えて
「知りたい。」
「気になる。」
と思わせる文章を書くようにします。

 

鮮明なイメージを思い浮かべられる文章で
人は感情を動かされます。

 

 

 

文章で信用を勝ち取る方法を
知りたいと思いませんか?

 

「何故」、「イメージ」で読み手を
引き込むという事を説明しました。

 

信用を勝ち取る、共感してもらう、
納得してもらう文章が書ければ
人を行動させる事も可能になります。

 

読者から信用を勝ち取るには

 

・共感
・納得
・価値ある情報

 

が必要といわれています。

 

これらの積み重ねが揺るぎない信用と信頼を
作り上げていきます。

 

信用を得る文章を書くために
事前段階のリサーチや
ターゲティングが重要になります。

 

共感を得る

 

読者からの共感を得るには

 

・悩み
・望んでいる事
・知りたい事

 

について同意を得ていきます。

 

解決策が書けなくても
同じ悩みや願望をもっているだけで
読者はあなたに仲間意識を持ってくれます。

 

仲間意識が共感、信用を生み出します。

 

説得する

 

共感だけでは、読者に行動してもらえません。

 

商品を購入してもうらう為には
説得力が必要になります。

 

読者を新たな境地へ導くには
「納得」してもらわなければなりません。

 

説得力のある文章を書くには

 

・発言には必ず理由を添える。
・繰り返し伝える。
・自信を感じさせる文体で書く。

 

価値ある情報を書く

 

あなたが読者に価値ある情報を
続けて提供すると、
読者から信用や信頼を得るだけでなく
お返しをしようという心理が
読者に芽生えます。

 

返報性の原理」という心理原則を
使うことで、読者が行動するように
なります。

 

価値ある記事とは

 

・読者の悩みを解決する情報
・読者が知りたいと思っている情報

 

の事です。

 

あなたもブログに記事を書く時に
上記の事を意識して書いてくださいね。

 

一朝一夕(いっちょういっせき)には
文章の書き方を変られないかもしれませんが
常に意識して書けば、信頼を得られる
文章が書けるようになります。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトで
大きく成功されている方の
文章を分析して、売れる記事を書けるよう
頑張りましょう。

 

 

はじめのコピーライティング教材として
お勧め出来るのが

 

The Million Writing

 

 

PDF 198ページで
販売価格は 3,980円です。

 

わたしから購入してくださった方は

 

とりさんの購入者基本特典

 

特典請求フォーム

 

をご参照ください。

 

このページをゆっくり表示するには
呼び出す側がこのページのURLに
?no=4 など飛び先の番号を追加します。

javascriptの書き方は
↓↓↓
こちらのページ
書いています。
無料メルマガ登録
私のページ
最近の投稿
メール配信システム