ホーム » 情報源 » LiVE for WebLiFE で HPを作ろう

LiVE for WebLiFE で HPを作ろう

読了までの目安時間:約 3分

とりさん です。
 
LiVE for WebLiFE 2
をご存知ですか?
 
仕事で
デジタルステージ社の
LiVE」を使って
HP(ホームページ)の作成を2013年の3月に
作成しました。
 
その時に作成したHPは
javascript をLiVEで作ったソースに
無理やり組み込んだりして
LiVEで普通に作ったHPよりも
凝ったものになりました。
 
LiVE から LiVE 2にバージョンアップになって
随分と時間が経ちましたが、検証作業などの
まとまった時間が取れず、古い LiVE のままの
運用していました。
 
「はやくバージョンアップした LiVE 2 で
 HPを作りなおさないと.....。」
 
と思いつつの運用していましたが
 
やっと今日、
LiVE 2を使った運用に移行できました。
(^^)v
 
移行作業にかかった時間は
 
 
 
0時間でした。
 
私はデジタルステージ社のコンセプトが好きで
「LiVE 2」の他に同社の「BiND」という
HP作成ツールを使って、HP作成の仕事もしています。
 
昔 BiNDや LiVEを使った感想は
 
「コンセプトいいけど不具合が多い」
 
というものでした。
 
そんな認識だったので、LiVE 2への
移行作業も手間がかかると覚悟していましたが
LiVE のソースデータを LiVE 2のフォルダーに
コピーしただけで完動しました。
 
完動に感動です。
 
LiVE 2は、マイナーバージョンアップを
繰り返して、安定して使えるようになっている
ようです。
 

個人でお店をされている方で、
自分でHPを作って運用したいと
考えていらっしゃるなら
 
デジタルステージ社の
BiND」と「LiVE 2」は、
HTMLの知識がなくても
綺麗なHPが簡単に作れて、
ショッピングカートも簡単に利用できる
のでお薦めです。
 
外注すると、HPを更新する時に
タイムラグが発生してしまいます。
 
更新作業やメンテナンス料金も
安くありません。
 
あなたが自分でHPを運用していれば
今、すぐ伝えたい事をHPに載せられます。
 
「BiND」や「LiVE」を使ってHP作成に
挑戦されてはいかがでしょうか?
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

無料メルマガ登録
私のページ
最近の投稿
メール配信システム