ホーム » 情報源 » 売れるホームページの構成

売れるホームページの構成

読了までの目安時間:約 4分

とりさん です。
 
「売れるホームページってどうすればいいの?」
 
という問い合わせが何件かあったので
売れるホームページの構成について
ご説明します。
 

インターネットビジネスの考え方と基礎wk

 
一番大切なのが、そのホームページで
何がしたいのか?を明確にする事です。
 

  • ホームページから直接販売したい
  • メルマガ登録をさせてい
  • 問い合わせさせたい
  • 資料請求させたい
  • 見積もりを取りたい

 
そのホームページで一番伝えたい事を決めたら
そのゴールにフォーカスを当てて
ホームページを作りこむようにします。
 
売れるサイトの基本的な構成
 

  • プロフィールをしっかりと書く。
  • どんな商品・サービスを提供しているのか、その商品・サービスでどんなメリットがあるか読者がイメージ出来る文章を書く。
  • 場所はどこにあるのか?
  • 購入方法は? 代引き、クレジット、銀行振込、コンビニ決済など
  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 問い合わせフォーム
  • メルマガ登録フォーム
  • プライバシーポリシー
  • 販売者の場合は「特定商法取引」
  • アクセス解析

となります。
 
構成内容を具体的にする為に
ライバルサイトのチェックなど
リサーチを行います。
 
googleトレンドなどでキーワードを探して
ホームページのタイトルを決めます。
 
滞在時間、アクセス時間、キーワード
どこから来たかを
アクセス解析できるようにします。
 
ホームページを開設したら
アクセス解析を調べて、
ホームページを日々更新します。
 
「ホームページの向こう側には人がいる。」
「読み手は、どんなメリットが得られるのか?」
という事を意識してコンテンツを作っていきます。
 
今回のように「売れるホームページ」を作る場合は
売りたい商品名+@
をキーワードにして各コンテンツの
タイトルを決めて記事を書きます。
 
たとえば 「XXXXアフィリエイト」という
商品を売りたいなら
「XXXXアフィリエイト 特典」
「XXXXアフィリエイト 実績」
「XXXXアフィリエイト 詐欺」
など検索されるキーワードをタイトルにします。
 
商品を購入してくれそうな
見込み客を相手に記事を書きます。
 
売り込みではなく
 

  • 情報商材コレクターへの共感
  • 読者側の気持ちの代弁やフォロー
  • いつでも相談に乗るという姿勢

など告知をするように書きます。
 
読み手に嫌われる「売り込み」ではなく
読み手に共感した告知で
商品が売れるようになります。
 
 


WordPressテンプレート
The World


クリックで特典の詳細を表示します

 

この記事に関連する記事一覧

私のページ
最近の投稿
無料メルマガ参加
メール配信システム